社印と電子印鑑

イメージ画像

会社で常日頃使っている社印。
それが近い将来、電子印鑑に取って変わる日が来るかもしれません。

今まで当たり前だった、印刷した紙に捺印するという常識が変化しつつあります。

電子印鑑とは、「パソコン上で使える印鑑」。

現代に至るまで、日本のビジネス社会では、紙に印刷された文書に捺印することで何らかの承認とする、ということが慣習となっています。

この慣習は、デジタル社会となった今もなお残っていますね。

近年まで重要な書類や帳票は、紙媒体で保存することが義務付けられていました。
しかし2005年4月1日に「e-文書法」というものが施行されたことにより、それらをデジタルで保存することが認められたのです。

具体的には、税務関係帳簿書類(契約書、領収書(3万円未満)、見積書、納品書、受注文書)などです。
それによって、今まで膨大な枚数の紙を保存するためにかかっていたコストが大幅に削減可能になりました。

年間3000億円とも言われています。
そしてビジネスにおいて重要な書類管理がデジタル化したことにより、業務の流れすべてがデジタル化へと進んでいっています。

そこで「電子印鑑システム」として今後を期待されているものが、
シヤチハタ株式会社・株式会社ワコム・日商岩井株式会社(現双日株式会社)が共同で開発した「電子印鑑システム」。
現在、新潟県柏崎市・岡山県新見市などがいち早く導入しており、コスト削減とともに事務作業の効率化の実現を図っているとのことです。

この電子印鑑の使用が法的に認められれば、印鑑という伝統を守りつつ様々な契約を効率的にできることになるので、結果的に市場の回りを良くすることにも繋がるかもしれません。



このページの先頭へ