会社印の重要性を理解して使っているか?

契約書イメージ

会社印というのは会社を表す重要なものになります。
いわば会社の顔を兼ねているといっても過言ではありません。

請求書や契約書など会社を運営していくうえで日常的に使われているものにもきちんと押さなければなりません。

これらの書類にきちんと会社印を押さないとそれは会社の書類と認められなくなります。
そのため効力が無くなってしまうのです。

押し直せる場合はいいですが押し直せない状態でこういう事態になった時の損害は会社に直接響いてきます。
そうしたことを考えても重要だと言えるでしょう。

このような重要なアイテムとなっている会社印ですが全ての人がその重要性を理解して使っているわけではありません。

社長はもちろんそのことを理解しているはずですが末端の社員、そしてアルバイトなどはどうでしょうか?

それらの人達も会社印を使う機会はあります。
そうした時にこの書類にその印鑑を押すというのを理解しているわけでは無いと思います。

会社の印鑑を押した書類というのはその会社の意見として通る書類になるのです。
それらのことをきちんと教育しないときちんと理解することは出来ないと思います。

そういった意味をきちんと理解させることが会社の経営を上手くいかせることに繋がるのかもしれませんね。

会社を上手く運営するためにはその会社に関わる人全てが同じ方向に向かって進めなければなりません。

たかが印鑑と考えるか重要な印鑑と考えるかはその経営者次第です。
上手く経営していくためにもう一度会社印の重要性を考えてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ