印鑑を押した書類

会社イメージ

会社というのは様々な契約などを扱うシステムといえます。
当たり前のことですが生き物では無くシステムなので会社自体は意思もなく言葉を発することもありません。

しかし生き物でないはずの会社に発言、ないしは意思を持たせることができます。
それは会社の印鑑を押した書類の存在です。
契約書などの書類はそれだけではただの文字が書いてある紙です。

しかしここに会社の印鑑を押すことによりその会社の意見として取り扱われます。
一つの大きなシステムである会社はこうしてその方針が打ち出されます。

このような動きを見ると会社というのは生き物では無いですが生き物に近い存在なのかもしれません。

そうした書類は会社に勤めている会社員が作り出します。
この時点では会社としてまだなんの行動もしてませんがその書類に上司などが印鑑を押すことにより初めて会社としての行動になるのです。

そのためこの書類に会社の印鑑を押すという工程は非情に重要なこととなります。

私たちはそういった当たり前だけど重要なことというのはつい忘れがちになってしまいます。

大きなトラブルが起きる前にそういったことを常に意識させることというのが大事なのです。

書類を作る人、書類を会議に出す人、書類に印鑑を押す人。
そうした一人ひとりが会社というシステムを理解して会社の意見を生み出していかなければなりません。

会社の行動を決定付ける証明になる会社の印鑑。
当たり前ですが重要なアイテムとなります。
そのことを忘れないで仕事していかなければなりませんね。

ページの先頭へ